「踏ん張りどころだ」=支持率低下に首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日午前、報道各社の世論調査で内閣支持率が3割を切るなど下落していることについて「踏ん張りどころだ。一生懸命やっている姿を必ずしも見せきれていない。見せるために努力をする」と述べた。
 首相は「改革の方向は絶対間違っていない。自信がある」と述べる一方、「政治とカネの問題に隠れて、改革が大変大胆に行われているところが見えていない。政権は国民のために一生懸命仕事をしている」と強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 一方、平野博文官房長官は同日午前の記者会見で「予算の執行ならびに関連法案の早期成立を目指して全力で頑張る。今、政府はしっかり頑張る正念場のときだ」と語った。 

【関連ニュース】
首相訪米に夫人同行せず=批判かわす狙いか
参院選「2人擁立」強行=地元の頭越しで火種
衆院議員擁立「大いに疑問」=参院京都の候補者選定で
複数擁立に不満=民主・福山氏
亀井氏支持、危うい決断=指導力誇示に腐心

<薬師寺>国宝・東塔の内陣公開始まる(毎日新聞)
山崎さんが琴を演奏 宇宙で初の和楽器合奏(産経新聞)
追跡中のパトカーが衝突事故=警官2人が軽傷−警視庁(時事通信)
山崎さん、先頭で笑顔の入室 国際宇宙ステーション(産経新聞)
盗難バイクの情報提供へ…転売防止で大阪府警(読売新聞)
[PR]
by z54oxghcwg | 2010-04-13 01:59